2016年10月31日月曜日

<10/31 2016年度 第5-2話> これはまだ…… #漫画 #創作


しーちゃん「しーちゃんなのー! ……しーちゃんの、むかしのはなしききたい?」





甦祈「しーちゃんさん。あなた。4歳でしょう……。

捏造しないでください」


しーちゃん「ねつぞうってなに? なのー!」

<10/31 2016年度 第5話> 大人気S氏のえすえぬえすが話題に! #漫画


しーちゃん「しーちゃんなのー! しーちゃんねぇ。

なっとうがだいすきなのー!」






リルカ「うわっ! しーちゃんに釣られたッ!

2016年10月29日土曜日

<10/29 2016年度 第4話> しーちゃんのプライヴェーーーートなのー★ #漫画 #創作


しーちゃん「しーちゃんの とある いちにちなのー」



★★★



あさ
しーちゃん「しーちゃんをたべて、げんきもりもりなのー!」



かぐや「え、えええ……」




★★★


ひる

しーちゃん「うみにいったのー。おぼれるー」





★★★

よる



しーちゃん「『キョウコ』のサインをもらったのー!

ゲヘゲヘくんのー、よるの名前なのー!

ごみにすてるのー」



2016年10月27日木曜日

<10/28 2016年度 第3話> とってもおもしろい そんなまいにち #漫画

しーちゃんとの一週間ダイジェストを

お届けいたします。


★★★

げつようび



しーちゃん「ねんれいのせいにして、あきらめるのはよくないのー!

しーちゃんねぇ。えんりょなく、なんでもやるのー!

こうかいするまえに、うごくのー!」



遥架「だからって、植木にならなくても」

★★★

かようび

しーちゃん「ひみつのまきものをひろったのー!」

シャイタ兄ちゃん「……へぇー」





★★★

すいようび



リルカ「しーちゃん。なにもってるの?」



しーちゃん「これはねー」




★★★

もくようび

しーちゃん「きみにしかえがけないおはなし。しーちゃんねぇ。

みてみたいのー!」



★★★

きんようび

しーちゃん「おにい! たかしくんが超クール!」



2016年10月23日日曜日

<10/23 2016年度 第2話> 我が道を往け! しーちゃんさん! #創作 #漫画



セシリア「だ! 誰ですかっ! わ、わたくしの部屋が、しーちゃんまみれ。

ひえええ!」


★★★



しーちゃん「しーちゃんなのー! おっさんに、まめちしきをおしえてきたのー!

うふふふー。いいことをしたあとは、きもちがいいのー。

あー。1コマ目のしーちゃん。はねないのー もげちゃったのー!」




<9/17> もふもふもふもふ #静岡

本日のお当番

遥夜:13歳 女の子 良い子。



ルルヤ:24歳 男の子 クグロフの『こうさぎ』



クグロフ:500歳↑ じじい。雄。ルルヤ大好き。

★★★


遥夜「今日は、日本平動物園に来ているのじゃ!

おお! もふもふじゃ! もふもふがかわいいのじゃっ♪」





ルルヤ「……うさぎか。おr……いや、私はうさぎが嫌いだっ。

あんなもふもふした小型のイキモノ! ああ。思い出すだけでもっ……!

ああ。もふもふしたくなる。ああ。可愛いなッ! おい!」


クグロフ「フフフ。『こうさぎ』? うさぎ以外もかわいいですよ? ほら。ひよこにモルモット。

……熊や鯉もいますよ」











ルルヤ「クソジジイ。どこから沸いてきた!」

クグロフ「どこからって……貴方をここに連れてきたのは、この私ですからね。

ほら。貴方のともだち。うさぎさんですよ? ふふっ」



遥夜「あっ。可愛いのじゃ」

ルルヤ「……っ! ああ……かわいい。 もふもふ……」

クグロフ「ふふ」

ルルヤ(24)「……いっ、今のは無しだ! う。うさぎのし、視線がっ……。

ま、周りのガキどもの視線がッ! こらガキども! 俺を見るな!」

遥夜(13)「ふふっ。ルルヤ。かわいいのじゃ♪」

クグロフ「あらあら。遥夜のほうが大人ですねぇ。ふふ」




<9/4> 日本刀講座! 秋葉神社へ #浜松


かぐや「日本刀講座にいってきたんだよ♪」



アルフ「もう、1カ月以上前の話だがな……」

かぐや「忙しくて、更新ができなかったんだよ! もう!

 ……気を取り直して、思い出語るよ!」

アルフ「どうぞ」

かぐや「ええとねー。会場はおじさんが多くて、

『さにわ』らしき若い人は少なかったんだよ。

でもね。資料には……しっかりと。

講師さん。とうらぶのスタートブックを持ってたし……



アルフ「あぁ……」

かぐや「ちょっと。アルフちゃん。その『あぁ……』はなんなの」

アルフ「気にするな」

かぐや「気になるよー……もう!

 で、ええと。話を戻すと、『男士』な刀(元ネタ)にふれたり、

本物の刀を持ってみたりしたんだよねー。

『正宗』とかあったよね! あれ? 『村正』だっけ?

4振り持ったけど、なんて名前か覚えてないよ。あたしのバカー!」

アルフ「刀。結構重かった……。わらわは、装備するなら、杖でいい」

かぐや「あ、秋葉神社の刀剣も綺麗だったよねー」

アルフ「ふ、普段は公開されてないらしいからな。……わらわのお気に入りはこれ」





かぐや「綺麗だねー。あたしも、これいいな! って思ってた!」

アルフ「ふふっ……。そうじっくり見ていたら、あっというま。

雨でじっとりしていた空も、いつのまにか晴れ晴れしていた。綺麗」



かぐや「わー! おそと。すっごい綺麗な空だね!

 来るまでの道のりは大変だったけど、この景色はすてき!」

アルフ「……来年はこの空を見れるのだろうか」

かぐや「うーん。それはわかんないけどっ! 今ここで見てる景色を大事にしようよ。

またいつか見れるときなんて、ないんだからさ」

アルフ「……」