2015年7月31日金曜日

2015年7月29日水曜日

<スタンプ日記>さみしいよる

アルフ「・・・・寂しい。かぐやがいない。

わらわはひとり・・・。どうして・・。浮気じゃないよね?

かぐやはわらわを捨ててないよね。・・寂しい。もやもやする。

寂しい・・・寂しい・・・」


<スタンプ日記>しーちゃんさん スタンプになる。 #LINE #LINEスタンプ #クリエイターズスタンプ

しーちゃん「しーちゃんなのー!しーちゃんねぇ。スタンプになったのー!

有料も、無料もあるのー!みんなつかってほしいのー!

よろしくなのー!」




















カチュア「しーちゃんかわいいっ!」




















遥架「あ。あ・・そうだな(煽りばっかじゃねーか!)」




















リュリュ「りゅ~う?あたしのほうがかわいいよ?」



2015年7月28日火曜日

<スタンプ日記>思いついた! ぱーと2

かぐや「あっ。ルルヤくん。あたしねぇ・・考えたんだけど・・

遥夜ちゃんにね。・・・紺色のスク水着せたらかわいいと思うの。

どうかな?着せてみない?」



















ルルヤ「ふむ・・・・」



















ルルヤ「わかった。特別に許可しよう」



















遥夜「おいそこ!・・・わ、わしはスク水なんて絶対着ないからなっ!

っていうか、そこの変態!またわしを怒らせる気か?」



















ルルヤ「ま、待て!!・・・話をきけ!遥夜!

あっ。こら。その火球はなんだ・・・。おい・・!うぎゃああああああ!」

※黒焦げになりました★



















かぐや「あっ。遥夜ちゃん!怒ってる姿もカワイイよっ★

・・でも、黒こげは・・やりすぎだよ」



















遥夜「・・・・全く・・」



















・・・・・・以下おまけ・・・・・・・・・


かぐや「・・・・合掌」



















ルルヤ「わ、私は・・死んでないぞ・・・(この小娘ぇ!)」


<スタンプ日記>思いついた!

かぐや「あっ!ひらめいた!・・ねぇねぇアルフちゃん。きいてっ」



















アルフ「Zzz」



















かぐや「なんだ。寝てるの・・・ざんねーん」

2015年7月27日月曜日

<スタンプ日記>おつかれさまっ

シルフィ「マクロく~んお疲れさま~★はいプレゼント~♪」





















マクロ「なんだなんだ。でかいな・・・」





















甦祈「大丈夫。変なものは入ってませんから。

(・・・・・ていうか、我の1学期の作品たちですし)」





















マクロ「・・・・(怪しい・・)」




















シルフィ「何も怪しくないわよ~★甦祈ちゃんの1学期の成果よ。開けてごらん♪」





















マクロ「なんだ。そうか。・・・・お・・多いな。

たくさん創ったんだな。甦祈・・」



















甦祈「ふぅん。・・・・それだけですか。つまらない感想ですね・・全く」

2015年7月26日日曜日

<スタンプ日記>きょーみないの

かぐや「みてみて。アルフちゃん。

あのいちゃついてるお兄さんたちのBL関係いいよねー。

あっ。あそこの少女の百合も・・・きゅーん。このドラマ面白いねー」






















アルフ「興味ない」





















かぐや「・・・あっ。ごめん・・(即答早いね・・・)」






















アルフ「つーん」





















アルフ(どうして・・。かぐやにはわらわがいるのに。


ドラマの中の同性CPのほうが大事なの?)

<スタンプ日記>やったね!






















===================================


リュリュ「りゅぅ!わぁ!あたしたちのおためしスタンプだ!」






















甦祈「おお。いいですねぇ。使いやすそうです」






















遥夜「おー。これはいい。便利じゃのう」





















カチュア「きゅーん!遥架のスタンプもーらいっ!」






















遥架「あっ!おい!こら・・恥ずかしいからやめろっ!!」


<雑誌投稿絵>ミズゴロウちゃんと・・

某ゲーム雑誌に投稿したミズゴロウちゃん。

(サイズはわざと小さくしてあります)

この2枚はお気に入り。






















今月はファンクラブと仙人のページに載ってました。

仙人のページは初だわ・・・・。びっくりー。

<スタンプ日記>よろしく

甦祈「我の名前は甦祈。中2で、魔勇者をやっています。よろしく。

・・・そうですねぇ。我も、他の子たちに便乗してみましょうかねぇ・・。

我宛のコメントは、何がありましたかねぇ・・・ふむふむ」




















*柔和に接していながらも結構意地悪なところが見ていて結構楽しいから。
(だけど空気が読めないわけじゃない所も)

*あと全体の雰囲気とか話の言い回しとかが好きだったり


甦祈「ふーん・・。これだけですか。まぁリュリュちゃんよりはマシですねぇ・・。

意地悪?我がいつ意地悪をしたのでしょう?素ですよ?我。

・・・・それより、我はこのコメントをくれた方の行方が気になりますよ。

どこへ行ってしまったんでしょうねぇ・・・・」



<スタンプ日記>おこ

遥夜「・・・わしのしーちゃんにイタズラしたヤツは誰じゃあっ!

・・・・ルルヤ!お前か!」




















ルルヤ「待て!私ではない!」




















遥夜「うるさい!お前じゃろっ!地獄の雷に焼かれてしまえっ!」

ルルヤ「・・・・あああああっ!(瀕死)」

遥夜「・・・・全く・・・・」




















しーちゃん「しーちゃんねぇ。じぶんのいしでこうなったのー」




















遥夜「・・・・えっ」




















ルルヤ「・・・ぬ、ぬれぎぬだ・・・・・・・・げほっ(私は悪くない・・・)」

遥架(へへっ。ルルヤの野郎。遥夜の魔法でまっくろじゃねぇか。いい気味だ)


2015年7月25日土曜日

<スタンプ日記>ためいきばかり

リュリュ「りゅぅ!あたしへのメッセージってどんなのがあったっけ!」




















・ぱふぱふされて圧死したい


甦祈(リュリュちゃん・・・・・)




















リュリュ「りゅ!あ、甦祈ちゃん・・・!な、なにその顔!」




















遥夜「・・・・はぁ(リュリュ。うらやましいのぅ・・)」




















リュリュ「りゅ!ん?あっ・・遥夜くんまで・・・・」